« A-Train | トップページ | four-sight »

2006年9月 4日 (月)

煙が目にしみる…

10年ぐらい前、多分PPCが出たころのだと思うのだが、データがどんどん肥大化し500M、1G程度のHDでは間に合わなくなっていった。SCSIの4GHDが10数万円で出た。背に腹は代えられないので、いろいろとお店を調べ、海外のショップで10万という最安値のところを見つけ、日本語OKだったこともあり購入を決断。送られてきてすぐに内蔵しフォーマットしようとしてたのだが無反応。ケーブルをつなぎ変えたりしていろいろと試したが無反応。何時間かたったときなにか焦げ臭い。マックから煙が出ていたのだ。すぐにシャットダウン。HDを取り出すと基盤の一部が焼けこげていた。初めてのことだったので驚き、ショップに連絡したら交換とのこと。交換したHDはなんの問題もなく動きました。結局、関税やら送料はこちら負担で高い買い物になってしまった。HDが燃えたのは後にも先にもこの1回だけだったが、このころから怖いのでマックはこまめに電源を切るようになった。

|

« A-Train | トップページ | four-sight »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煙が目にしみる…:

« A-Train | トップページ | four-sight »