« Disinfectant | トップページ | GADGET »

2006年8月26日 (土)

DTP戦線異状あり

また、1990年前後の話。MacのDTPがデザインで浸透しはじめたころ、国内外のメーカーがデザインに使えるコンピュータとしていろいろなシステムを出してた時期です。大日本とかOKIなど各社メーカーからカンプシステムやら版下のシステムなどいろいろ出してました。一貫した流れではなくカンプだけ、画像だけ、版下だけとかデータが分断され同じことを繰り返したりコンバートしたり大変なときでした。画像処理ではペイントBOXというタブレットで操作する数億円の(のちに2千万ぐらいなる)ハイエンド画像処理マシーンもありましたが、日本にまだ数台でした。広告の画像処理や合成などの需要がありました。フォトショップがCSになりマックもG5になり1〜2Gの画像が扱え、ハイエンドな印刷まで行える環境と比べると全く別物だったなあ〜。

|

« Disinfectant | トップページ | GADGET »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTP戦線異状あり:

« Disinfectant | トップページ | GADGET »